ライフシフトの時代に100歳までを心身の健康を保ちながら生きてく時代です。

取り組み・事業展開

取り組み

1.人生100年健康社会への支援活動

1)認知動作型トレーニング(小林寛道東京大学名誉教授開発)にもとづく健康器具の開発

2)「ソーラーウォーク」普及推進の「ソーラーポール」など健康器具開発・販売活動

2.医薬品・健康食品などヘルスケア全般の支援

1)事業の海外進出。現地パートナーとの提携、販売促進 中国・アジア、中近東、欧米、ロシア、東欧、その他海外諸国

2)日本国内での事業展開、販売促進、管理支援など

3)新規ヘルスケア事業の立ち上げ、事業拡大などの支援

3.医薬品、健康食品などヘルスケア事業の再構築支援

1)赤字企業・不振事業の立て直し

2)新規事業への進出

3)新規サービスの構築

4.インバウンド&アウトバウンド支援

1)海外富裕層の誘致及び代理店発掘とネットワーク構築

2)日本医療サービスの海外展開など

事業展開

現在取り組んでいる事業内容は以下の通りです。

1.人生百年は100歳健脚が欠かせません。健脚をサポートする健康器具「ソーラーポール」を開発中です。

*東京大学名誉教授小林寛道先生が開発された「認知動作型トレーニング」の普及を推進します。健身塾、十坪ジムに行かなくても、自宅などどこでも簡単にトレーニング出来る健康器具「ソーラーポール」の販売を準備しています。

2.新薬開発の支援をしています。新規メカニズムの抗腫瘍抗体の開発を進めています。

* 令和2年3月に日本抗体医薬株式会社(https://www.j-mab.co.jp) を買収しました。現在、血液がんに対する抗腫瘍抗体の開発を進めています。

3.ヘルスケア(医薬品・健康食品、化粧品、医療機器など)企業の経営・事業支援です。日本国内への進出あるいは海外での事業推進の支援です。日本とはルール、文化、思考が異なる多様性を受け入れながら相互の信頼・信用を築き、事業を確実の成長させていく仕組みを構築して行きます。

*東京大学名誉教授小林寛道先生が開発された「認知動作型トレーニング」の普及を推進します。健身塾、十坪ジムに行かなくても、自宅などどこでも簡単にトレーニング出来る健康器具「ソーラーポール」の販売を準備しています。

4.医療機関の支援です。海外からのインバウンドが増えている中でホンモノの治療を紹介させて頂いています。

*新型コロナ感染症の拡大により海外からの出入国が制限されています。この厳しい環境の中ですが、ホンモノの「がん治療/がんにならない予防」サービス施設を紹介していきます。

5.健康食品・サプリメントから、最良最高の治療を受けたいと強く願う患者・その家族の方々に、がん診断に通院で治療を受けることが出来る保険が開発されました。治療を受けることが出来るサポーター制度を支援しています。

そのような保険を通じてだれでも受診治療を行けることの出来る仕組みを推進したいと思います。この目的を達成するために本年令和3年2月に設立しましたT4H株式会社(https://t4h.jp )を当社は全面的に支援していきたいと考えています。

6.その他ヘルスケア領域ではバイオデジタル・農業・食問題など様々な課題に対して、新規事業の立ち上げと展開を目指しています。

error: Content is protected !!