ライフシフトの時代に100歳までを心身の健康を保ちながら生きてく時代です。

ソーラーポール体操が、認知動作型トレーニングに新たに加わりました。

小林寛道の十坪(とつぼ)ジム&健身塾の案内 Totubo-Gym」https://totubokobayashi.grupo.jp/の 2022年7月10日掲載されました「認知動作型トレーニングの定義とソーラーポール体操」のなかで、
認知動作型トレーニングは、①体操、②姿勢と歩行、③マシントレーニング、の3本柱から成り立っている。
① 体操には, a.ストレッチ運動、b.関節柔軟運動、c.バランス運動, が含まれるが、これらとは別に、d.「ソーラーポールを用いた運動」、を加える。
ソーラーポールを用いた運動は、認知動作型トレーニングの意図する①同側動作型神経支配を用いた運動、②ストレッチ系運動、③体幹深部筋利用した運動、④動作バランス系運動、⑤姿勢・歩行動作、の要素を備えており、認知動作型トレーニングマシンに代わる簡易型で効果的な運動である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!